建売住宅の良いところと悪いところ

コストを抑えるなら建売住宅

建売住宅の最大の良さは、コストを抑えられることでしょう。
分譲住宅の場合は特にそうなのですが、施工会社は複数の戸建を同じ資材と同じ仕様で建てます。
そのため、まとめて仕入れる資材は安くでき、作業は効率的になります。
さらに、土地と建物がセットになった状態で販売されているので、価格ははっきりと分かり、どんな家にしょうか自分で考える必要がありません。
すでに家が建っている状態で売られていることが多く、その場合は契約から1ヶ月程度で入居することも可能です。
また、土地の状態で契約する場合の分譲住宅では、複数の世帯がほぼ同じタイミングで入居することが多いです。
各区画で販売価格が異なりはしますが、同じようなタイミングで同じような家に転居する者同士です。
筆者も分譲戸建を購入しましたが、ご近所付き合いは同じ分譲内が一番しやすいと感じています。

融通のきかない建売住宅

建売住宅は、家が建っている状態で売られていても、まだ土地の状態で売られていても、すでにどのような家をどのように建てるかというプランが決まっています。
施工前であっても、効率的に家を建てることでコストを下げていますから、買い主の希望はまったく聞いてもらえず、プラン通りの家になってしまうことがあります。
それに関連しますが、例えば食洗器など、自分には不要だと思われる使用しない設備が付いてくることもあります。
施工前であっても変更は難しいため、「その設備はいらないから安くして」と要望しても聞いてもらえない可能性が高いです。
さらに、土地の状態で契約する場合は、すべての情報が事前に分かっているわけではありません。
細かいことをいえばキリがないですが、敷地内の通路の砂利の種類など、契約して施工が済んで初めて知った部分に関しても、意見はできないと覚悟しておいた方が良いでしょう。