注文住宅のメリットとデメリット

こだわりたいなら注文住宅

すべて自分で自由にデザインできるのが注文住宅ですから、こだわりたいなら絶対に注文住宅にするべきです。
土地を購入してから、施工会社も間取りなども、建築条件などに問題なければすべてあなたの自由になります。
バリアフリーにしたい、二世帯住宅にしたいなど、用途や目的によってどんどん意見を言って進められますよ。
あなたの意見をもとに家を建てるので、コストの調整も可能です。
要望それぞれに優先順位を決めて、プランニングのときにお金がかかり過ぎそうと思ったら取捨選択して調整すれば良いのです。
設備だけではなく、資材や、施工会社さえも選択の対象になります。
施工の段階で様子を見て、家が出来上がっていくのを見守るのも楽しみになるでしょう。
現場の人たちが真面目に働いてくれているかを確認することもできますよ。

注文住宅なら資金は多めに用意しよう

どうしても高くつきがちなのが注文住宅です。
欲しい設備や資材についても予算を組みながら取捨選択することで調整はできますが、あなただけのオリジナルの家を建てるため、たくさん注文することでコストを下げるという建売住宅のような手法はとれません。
また、すべて自分で決められるとなると、夢や希望でいっぱいになってしまい、優柔不断な人はどんどん要望が増えてしまいます。
資金が多めにあれば良いのですが、考えるたびに予算が上がってしまうということも有り得ます。
土地探しの段階から、ある程度ゆとりを持っておくのが良いかもしれません。
また、自分の希望通りの家を建てられると思っていたら、土地の形や建築条件などにより達成できないということもあります。
何度も家を建てたことがあるという人は少ないので、いちいち自分で考えて決めるという作業は大変です。
建売住宅のようにプランが決まっていないことで困るという人もいるでしょう。